E-style
トップページ > テーブルコーディネート 春 夏 秋 冬
家族と大切な団らん、
お招きしたゲストとの楽しい会話、
おいしい料理と心地よい空間。
それらの時間を自分らしいアイデアで
もっと快適に過ごすための工夫や演出。
それがテーブルコーディネート。

おもてなしのスパイスを
テーブルいっぱいに散りばめて・・・
おもてなしの心は
料理をおいしくするスパイス!

気配りをさりげなく届けられること。人を心地よくさせること。
相手を思いやる心。
それは「ホスピタリティ」。
おもてなしとは
優しさの表現なのです。
季節の色をテーブルクロスに

テーブルの大きな面積を占める
テーブルクロスは季節感を表現するのに
とても重要です。
夏は涼しげな色を冬は暖かい色を…。
ご家庭では木綿や麻の
洗濯のできるシンプルなものはいかが?
ランチョンマットもオススメです。
器を重ねてみる

メニュー構成に合わせて、
器を重ねたスタイルはいかがですか?
この日のメニューは「前菜とサラダとパスタ」。
まずナフキンを取っていただいたら、
1枚目のお皿に前菜とサラダを盛りつけます。
食べ終わったら、ガラスの皿を下げて、
2枚目の白い皿にパスタを盛りつけます。

季節の花を活けてみる

卓上の花は高さがポイント。
グラスより高い位置にあると、
倒してしまうことがあったり、
向かいの席の方のお顔が見えなかったり…。
また、せっかくの美味しい料理の
匂いを損なうような
香りのきついお花は食卓には不向きです。

カトラリーレス

カトラリー(ナイフ、フォークなど)の
休憩場所という意味。
次の料理に移るときに、
汚れたナイフなどを乗せておく
日本で言う「箸おき」のこと。
ワインのコルクや木の枝などを使ったりして
あなたのアイデア次第で
ステキな演出になります。