E-style
トップページ > テーブルコーディネート > 春 春 夏 秋 冬
 
     
たとえば、ゆっくりと目覚めた休日の朝。やわらかな春の陽射しを浴びながら、爽やかなビタミンカラーのブランチはいかが。ガーデニングで育てた自慢のハーブはサラダに入れましょう。お取り寄せした新鮮な卵と吉田牧場の牛乳とバターでパンケーキを焼いて…。心づくしのごちそうとビタミンカラーのエッセンス。心も身体もきっと元気になれるはず。
心浮き立つ季節だから…。
イメージしたもの
イメージカラー      

 

 
第1回 優しい食卓コンテスト・近畿
「審査員奨励賞」受賞

ゲスト
家族と一緒に庭を望むダイニングにて

メニュー
冷製アスパラガスのクリームスープ、パンケーキのソーセージ添え、フレッシュハーブサラダ、クリームチーズ、ペリエ、オレンジ

イメージ
春のウキウキとした気持ちや家族で食卓を囲む幸せ

スタイル
ナチュラルな雰囲気

コーディネートのポイント
スローフード&スローライフがメインテーマ。
ビタミンカラー(オレンジやライム、レモンの色)を繰り返し使うことにより、元気な春を表現しています。
センターピースの花の中にもレモンをのぞかせて…
下に敷いたオレンジ色のテーブルクロスは白などを使っても爽やかでステキです。




 
     
子供の頃、端午の節句はとても楽しい一日でした。弟と一緒に柏餅を食べ、食卓にはご馳走が並び…。
そんなハレの日の興奮や家族の中にあった小さな幸せを私達はどこかに置き忘れてきたのかもしれない。
今年は高校生の子供達も揃って親子3代で祝います。健やかな子供の成長を祈る鯉のぼりや厄除けの菖蒲。日本の美しさ、素晴らしさを「食」を通して伝えていきたい。次代の子供達が「日本に生まれてよかった」と思えるように…。
イメージしたもの
イメージカラー      
 

2005食博覧会・大阪 食空間コーディネートコンクール
入賞作品


ゲスト
主人の両親・主人と私・高校生の子供たち

メニュー
ちまき寿司(春鯖)、ピンチョス仕上げの前菜(筍、人参、小芋)、豆乳ビシソワーズ、初鰹のたたき、新ジャガと鶏の煮物、五月椀、白御飯と香の物、菖蒲酒とビール、冷茶

イメージ
新緑五月のさわやかさな風がにおい立つような雰囲気

スタイル
モダン

コーディネートのポイント
端午の節句にかかせない「菖蒲」の葉や花をイメージした、緑と紫を使いました。実際に兜やちまきといったグッズなどは置かずに「色」だけで端午の節句を表現してみました。
モノトーンにヴィヴィットな色づかいで躍動感とダイナミックさが表現できていると審査評価をいただきました。



春 夏 秋 冬